Blog コロナ終息後の訪日観光復活に向けて、タイの旅行会社をウェビナーでサポート!

2021年06月01日 (火)

訪日旅行
コロナ終息後の訪日観光復活に向けて、タイの旅行会社をウェビナーでサポート!のメイン画像

新型コロナウイルス感染症拡大(以下、コロナ)による影響は、業界問わず各所に大きなダメージを与えました。中でも、深刻な影響を受けたのが観光業界です。日本を訪れるタイ人は、2019年には130万人を超え、中国、韓国、台湾、香港、米国に次ぎ第6位という訪日大国でした。それがコロナで一変。世界的な渡航制限の中、タイの旅行会社は苦境に立たされています。

しかし、この状況下でじっと我慢しているタイではありません。今回は、コロナ終息後の訪日観光復活に向けて、“高付加価値な訪日旅行”をテーマに、JNTO独⽴⾏政法⼈ 国際観光推進機構 JNTOバンコク事務所(以下、JNTOバンコク事務所)がタイの旅行会社に向けて実施した、ウェビナーについてご紹介します。mediator では、本事業を受託し、ウェビナーの運営をトータルでサポートしました。

6つテーマでウェビナーを開催。「高付加価値な訪日旅行」とは?

世界的な渡航制限で身動きの取れない海外旅行需要。タイで行われていた大規模な観光博も中止、延期を余儀なくされ、旅行会社各社は苦境に立たされていました。さらに近年、タイではFIT(個人旅行)の需要が増加。ツアーを取り扱う旅行会社は、個人旅行ではつくり出せない、新しい付加価値を提供する必要に迫られていました。

そのような状況下でJNTOバンコク事務所では、コロナ終息後の訪日観光復活に向けて、タイの旅行会社の提案力強化をサポートするため、「高付加価値な訪日旅行」をテーマに、全6回のウェビナーを開催することになりました。各回のテーマは下記の通りです。Mediatorからも、タイ人側の意見として、テーマの検討に関わらせていただきました。

<ウェビナーのテーマ>
1. 日本におけるCovid-19対策の取組、渡航制限・入国関連情報、今の日本国内の観光状況、今後のJNTOによる旅行会社向け事業
2. BtoCアンケート調査結果及び、オンライン情報から視た新たな訪日トレンド
3. 高付加価値旅行の実現に向け 旅行会社が取りうる戦略
4. バラエティに富む高額ツアー催行のテクニック。プレミアム旅行者の心をつかむには
5. インセンティブ旅行催行、視察旅行、教育旅行に役に立つ情報
6. 航空会社からのアップデート情報 / JNTOの4月以降の予定

充実したテーマが揃うこれらのウェビナーに、多くの旅行会社に参加してもらい、新しい発見をしてもらえるよう、mediator では細かなサポートでウェビナーの運営を行いました。

ウェビナーを120%成功させるために!事前準備を徹底

「ぶっつけ本番に近い状態でイベントが行われた」という声をときおり耳にするタイにおいて、mediatorの強みは“綿密な事前準備”です。

運営に際しては、事業の目的やゴールをしっかり把握した上で、当日を迎えるまでに何度も打ち合わせを実施。JNTOバンコク事務所の他、ゲストスピーカーや通訳など、当日参加される方々と綿密な擦り合わせを行い、疑問や不安な点、問題が起きそうな点を解消していきます。

また、これと同時に進むのが告知です。業界関係者に向けたメール配信では、セミナーの内容が魅力的に伝わるようフライヤーを制作。各回デザインを変えて、興味をそそる見た目を工夫しました。

結果的にウェビナーには各回100名を超える方々が聴講者としてご参加され、スピーカーの皆さんにも「mediatorの細やかな対応に驚いた」とおっしゃっていただけたことは大変嬉しかったです。

<当日までの大まかな流れ>
1)事業の目的やゴールをヒアリング
2)事前準備・告知用素材の準備(ウェビナー用同時通訳者の手配、フライヤーの作成、参加申込みフォームの作成)
3)タイの旅行会社へメールにて案内、お問い合わせ等適宜対応
4)参加者へリマインドメールとともに事前資料を送信
5)事前のリハーサル
6)本番運営

「日本を知る」豊富なタイ人ネットワークで、全ての工程を一気通貫で対応。

当日は、JNTOバンコク事務所及びスピーカーの方々に加え、mediator よりMC1名、カメラ・映像スイッチング担当2名、ウェビナーの配信担当1名、アシスタント1名、同時通訳2名と総勢7名が裏方としてスタンバイ。コロナ禍でmediatorが蓄えたウェビナー配信ノウハウに加え、日本語とタイ語が堪能なスタッフを配備した万全の体制が、安定した当日運営を支えています。

企画、準備、当日運営、アフターフォローと、全ての工程を自社で完結できるのもmediatorの強みです。常日頃からスタッフ同士のコミュニケーションをしっかりしておくことで、当日の連携を円滑にし、全体のスピード感を上げることができています。

この他、同時通訳の手配にも気を遣っています。ウェビナーの内容を聴講者にしっかりと届けるためにも、通訳は日本を詳しく知り、観光分野で経験の豊富な通訳を選んでいます。たくさんの優れた通訳とネットワークを持ち、実施テーマや取り扱う業界に合わせた人選ができるのもmediatorの強みです。

ウェビナー終了後には、内容の満足度や関心度、ご意見等を聞くアンケートを実施しており、約8割の方から高い評価を頂き、タイの旅行業界に貢献できたことを嬉しく思います。ツアーパッケージの適正価格や渡航再開後の日本の地方自治体による旅行会社への支援策の有無など、具体的な質問もあがり、コロナ終息後の訪日観光への期待値の高さを改めて感じました。

これからウェビナーの実施をご検討される方々へ

mediatorでは、企画提案から丁寧な事前準備、当日運営からフィードバックまで、一気通貫のサポートが可能です。またスタッフには、日本語が堪能なことはもとより、日本の文化を深く知るタイ人がそろっています。クライアントとなる皆さんの思いや狙いを汲み取りながら、タイ人へどう伝えていくか…より効果的な方法や企画のご提案が可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

mediatorの画像
執筆 mediator

Related Blog 関連ブログ

mediator newsletter

「mediator newsletter」は、日本とタイの最新情報をお届けするメールマガジンです。 ぜひ、タイでのビジネスにお役立てください。 購読をご希望の方は、右記よりご登録ください。