【プレスリリース】日本産ホタテのタイ向け輸出額、キャンペーン期間中は前年同期比2.3倍に ~5月4日には有名シェフによるメニュー提案会を開催~ - mediator

Blog 【プレスリリース】日本産ホタテのタイ向け輸出額、キャンペーン期間中は前年同期比2.3倍に ~5月4日には有名シェフによるメニュー提案会を開催~

2024年05月13日 (月)

イベント
【プレスリリース】日本産ホタテのタイ向け輸出額、キャンペーン期間中は前年同期比2.3倍に ~5月4日には有名シェフによるメニュー提案会を開催~のメイン画像

mediator は「タイにおける日本産ホタテ等の新規需要創出事業」の運営事務局を務めています。

プレスリリース

日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所は、2024年5月4日、日本の農林水産省及び在タイ日本国大使館の協力を得て、日本産ホタテのメニュー提案会「JAPAN PREMIUM HOTATE~From HOKKAIDO Ocean to your Table~」を開催しました。

日本産ホタテをめぐっては、中国など特定国による水産物等の輸入停止措置により大きな影響が生じており、輸出先の多様化が求められています。JETROは2023年度、タイ国内の輸入業者、飲食店、小売店等と連携した日本産ホタテのPRキャンペーン「HOTATE Festival」を展開しましたが、キャンペーン期間中(2023年11月~2024年3月)のタイ向けのホタテ輸出は、輸出量で約14倍、輸出額で約2.3倍に増加(いずれも前年同期比)しました。2024年度は、この勢いを維持・さらに拡大すべく、取組を進めていきます。

アイアンシェフを招いてメニュー提案会を開催

調理デモンストレーション中のRシェフ

2024年度の取組の第一弾として開催したメニュー提案会「JAPAN PREMIUM HOTATE~From HOKKAIDO Ocean to your Table~」には、日本産ホタテの活用に関心のある輸入業者、飲食店、小売店やインフルエンサーなど100名以上が参加しました。

メニュー提案会では、昨年12月に、日本産ホタテをテーマに放送された「IRON CHEF Thailand」(料理の鉄人)に出演したChef R(ティーラパット・ティーヤスントラノン)氏が登場し、タイ料理、イタリア料理、日本料理のオリジナルメニューを披露するとともに、それぞれの料理に合うスパークリング日本酒、日本ワイン、日本酒とペアリングした楽しみ方を提案しました。

また、日本の坂本農林水産大臣が参加し、Chef Rやインフルエンサーとトークをお送りするとともに、事業者との交流を深めました。坂本大臣は日本産ホタテの魅力について、「多国籍の料理に活用できる」「地方への販売網が広がることに期待している」と語りました。

今回のメニュー提案会では、Chef R氏のメニューもヒントに、各事業者による日本産ホタテの活用の幅を拡げていくことを狙っています。会場では、今後のビジネス展開に向けたアンケートも実施し、関係者のマッチング等につなげていく予定です。

昨年度は「HOTATE Festival」を開催、期間中のタイ向け輸出額は前年同期比2.3倍に

昨年度JETROでは、タイにおける日本産ホタテの新たな需要創出・販路拡大に向け、輸入業者と連携し、「HOTATE Festival」を開催しました。具体的には、

1、①バンコク都以外の地方にも展開している飲食店(日本食を含む)や小売店、②タイ料理・イタリアン・中華料理などの日本食以外の飲食店におけるPRキャンペーンを展開(飲食店73ブランド391店舗、小売店6ブランド29店舗が参加)

2、小売店における試食会・ワークショップ、ホテルの会場を貸し切った飲食店やシェフ向けの提案会など、さまざまな工夫を凝らした23のイベントを開催

3、人気料理コンテスト番組「IRON CHEF Thailand」(料理の鉄人)で、日本産ホタテをテーマにした料理対決番組を放送したほか、プレスカンファレンスや朝のニュース番組における事業の周知、グルメイベントへの出展

を行いました。

この結果、「HOTATE Festival」以外の要因も考えられるものの、キャンペーン期間中(2023年11月~2024年3月)のタイ向けのホタテ貝輸出は、輸出量で約14倍、輸出額で約2.3倍に増加(前年同期比)しました。また、タイ向けのホタテ貝輸入額の推移を国別に見ると、日本はここ数年、1~2位で推移していましたが、「HOTATE Festival」実施期間中は2位以下を大きく引き離して1位となりました。

農林水産大臣 坂本哲志大臣

タイ輸出支援プラットフォーム総会を開催し、水産物販売網拡大プログラムを発表

2024年度は、今般開催したメニュー提案会「JAPAN PREMIUM HOTATE~From HOKKAIDO Ocean to your Table~」を皮切りに、日本産ホタテの輸出をさらに拡大すべく、取組を進めていきます。

同じく5月4日には、タイ輸出支援プラットフォーム総会を開催しました。坂本大臣や水産物を扱う事業者などにご参加いただき、「日本産水産物の販売網拡大プログラム」について議論・決定しました。同プログラムにおいては、農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略(2023年12月25日関係閣僚会議決定)に定められた、2025年までにホタテ貝のタイ向け輸出額24億円(2023年実績の約2倍)という目標を前倒しして2024年までに達成すべく、2024年度の当初の予算額に約1,500万円を追加拡充して、日系事業者・現地系事業者と連携のもと、取組を進めていくこととしています。

今後も、関係者一丸となり、日本産ホタテの輸出拡大に取り組んでまいります。

本件に関するお問合せ
JETROバンコク事務所 農林水産・食品部
Hiroki Taniguchi / Yoshihiro Chuda(日本語・英語)
Yada Wongphatharakul(日本語・タイ語)
電話番号 : 02-253-6441 E-mail : bgk-food@jetro.go.jp

mediatorの画像
執筆 mediator

Related Blog 関連ブログ