[Aug 4] Open Innovation Talk EP.003 | Charoen Pokphand Group Co., Ltd. *オンラインセミナー - mediator

Blog [Aug 4] Open Innovation Talk EP.003 | Charoen Pokphand Group Co., Ltd. *オンラインセミナー

2021年07月21日 (水)

TJRI
[Aug 4] Open Innovation Talk EP.003 | Charoen Pokphand Group Co., Ltd. *オンラインセミナーのメイン画像

タイの経済発展を支えてきた東南アジア最大級のコングロマリット「C.P. Group」 〜 持続可能な社会を牽引するグローバルリーダーを目指す

こんにちは、mediator 代表のガンタトーンです。私たちが立ち上げた日タイ情報発信プラットフォームTJRIでは、タイ企業のニーズのご紹介やセミナーの開催を通じて、日本企業とタイ企業がお互いを知り、興味を持ち、連絡を取りたいというきっかけを作り出したいと思っています。

ということで、今回ご紹介する「タイ企業」は、東南アジア最大級のコングロマリット(複合企業)である「C.P. Group」です!

タイの経済発展を支えてきた新興財閥企業C.P. Group(Charoen Pokphand Group Co.,Ltd.)は、100年以上の歴史を持ち、これまでに多くの食品を市場に流通させてきました。C.P. Groupの傘下には、
・CP Foods – 農産業や食品加工事業を行うタイの食品最大手
・CP ALL – セブンイレブンに代表される小売流通事業
・True Corporation – タイ随一の総合通信事業
の3つの中核企業をはじめ、タイ国内外に大小数百もの企業があります。

多くの事業と30万人以上とも言われるグループ従業員をまとめる上げるC.P. Groupの盤石な組織力の根底には、企業理念の浸透が挙げられます。同社の企業理念は3つ。
1. 商売をする国にメリットがある事
2. そこにある社会組織に貢献する事
3. 自社に利がある事
そしてこの3者に利のあるビジネスを展開し持続可能な発展を追求すること。これがC.P. Groupの源流であり、現在までの成功、そして今後の強さの秘訣に繋がっていくことは間違いないでしょう。C.P. Groupは100周年を迎え、タイはもとよりグローバル社会全体をよりよくするために持続可能な方法で前進し続けます。

今回の “Open Innovation Talk” では、「イノベーション」を軸に、持続可能性、日本の組織とC.P. Group間のビジネス協力の機会提供、そして「日本」に対する期待感を皆さんと一緒に探っていきたいと思います。

Seminar Details

Open Innovation Talk EP.003 | Charoen Pokphand Group Co., Ltd.
2021年8月4日(水)15:00 – 16:30

参加費:無料
配信:ZOOMを使ったオンラインLIVE配信
言語:日本語
司会:ガンタトーン・ワンナワス|mediator co., ltd. CEO
主催:Thailand Japanese Investment Research Institute : TJRI(日本企業研究所)

Guest Speaker

Dr. Netithorn Praditsarn
C.P. Group CEO及びSenior Vice President (SVP)の役員補佐 [WEB]

C.P. GroupのCEO及びSVPの役員補佐として、持続可能な課題に取り組む各国のC.P. Groupのステークホルダーと連携を図る重要な役割を担っている。また、グローバルコンパクトネットワークタイランドの副事務総長も務めている。
米国・スタンフォード大学 学士及び修士取得。

Mr. Viranon Futrakul
C.P. Group副社長 [WEB]

世界経済フォーラム(WEF)や持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)、国連(UN)、世界ユースサミット(OYW)などの国際機関と共に持続可能性における分野でC.P. Group全体を率いている。
オーストラリア・キャンベラ大学マーケティングコミュニケーション学 修士
カナダ・カールトン大学政治科学部 学士及び国際関係学 修士

Mr. Poom Siraprapasiri
C.P. Group副社長補佐 [WEB]

企業の持続可能性及び環境マネージメント分野で15年の経験を持ち、タイ国内外の多くの事業団体と関わっている。C.P. Group入社以前はOsotspa社及びTrue Corporation社でサステナビリティチームを率いた他、ERM-Siamではタイや韓国、香港をはじめ、さまざまな国のクライアントのコンサルタントとして活躍。
米国・デューク大学ニコラス環境スクール 環境マネージメント学 修士
米国・ハーバード大学経済学 学士

Agenda

1. TJRIのご紹介
2. タイ企業ニーズ紹介
3. ゲストトーク
 - C.P. Groupの事業概要
 - C.P. Groupが目指す持続可能なビジネス展開
 - 社会と環境に価値を創造するためにC.P. Groupが注力するイノベーションの研究開発
4. Q&A

What is “Open Innovation Talk” ?
産業の高度化を目指して、次々に政策を打ち出すタイ政府ですが、タイ側の企業も日本を含む外資系の企業も厳しい競争下に置かれています。これまでの産業構造が変わろうとしている近年において、日本企業とタイ企業はこれまで以上に強い連携(資本共有、人的・人脈共有、ノウハウ共有等)が必要と感じています。私たちTJRIは、今後益々求められてくる日タイ連携強化に向けて、タイ企業と日本企業をつなげ、両者にメリットのあるビジネスをつくりだすことを目的に、タイで活動する日本企業と日本企業との協業に興味のあるタイ企業を紹介するオンラインセミナー “Open Innovation Talk” を運営しております。

mediatorの画像
執筆 mediator

Related Blog 関連ブログ

mediator newsletter

「mediator newsletter」は、日本とタイの最新情報をお届けするメールマガジンです。 ぜひ、タイでのビジネスにお役立てください。 購読をご希望の方は、右記よりご登録ください。